高専化学系卒の阪大生

化学系編入。編入に関する情報や大学生活(勉強やサークル活動)について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

使用した参考書:数学

 次は数学です。
 阪大の数学は基本的に難問が多いです。基礎工は範囲が狭い代わりに非常に難しく、工学部はその逆と言われています。当然ですが、京大東大ほど凶悪では無いです。基本が分かっていれば解けるとのことです。
 とはいえ、十分な対策をすべき科目です。受験時には、少なくとも高専が一般的に求める数学の基準を越えている必要があります。成績点はあまりあてにならないという事です。
 ちなみに、僕は微積と線形代数で10割を目指していたのですが、微積は手も足も出ませんでした。
 以下、使用した参考書です。

新訂基礎数学新訂基礎数学
(2006/08)
不明

商品詳細を見る

新編 高専の数学1 第2版・新装版新編 高専の数学1 第2版・新装版
(2010/01/23)
田代 嘉宏、難波 完爾 他

商品詳細を見る


 教科書です。
 高専では、高専の数学もしくは大日本図書のものを使っているようです。僕は後者が教科書でした。基本的に、両者に大差はないと思います。どこに何が書いてある分かっている、自分の高専で使った教科書がいいでしょう。

新編 高専の数学2問題集新編 高専の数学2問題集
(2003/02/01)
田代 嘉宏

商品詳細を見る

 大日本図書の教科書の問題集です。後半は主に線形代数です。僕は教科書を少し解いただけでは、C問題はしんどかったです。
 致命的な欠点として、途中の解答が載っていない事が挙げられます。Give and Takeというサイトでは詳細な解答が書かれたPDFが公開されてはいます。
 この本を使うのは個人の自由だとおもいます。僕はもう一度試験勉強をするなら、この本は使いません
 僕がこの本に良い印象を持っていないのは、行列の基本がなっていなかったからかもしれません。僕はひたすら問題をやるスタイルで、定期テストでは思い出す程度にしか教科書は使いませんでした。だからこそ、習っていない固有値から二次形式まで、演習でどうにかなると思っていました。この本を終えて教科書の重要性が身に沁みました……。


編入数学徹底研究―頻出問題と過去問題の演習編入数学徹底研究―頻出問題と過去問題の演習
(2009/07)
桜井 基晴

商品詳細を見る

 多くの受験生から高評価を得ている本じゃないでしょうか。
 実際良い本です。解答はこれでもかというほど解説されています。でもいきなり取り組むと多分死ぬので、まず教科書をやってからだと思います。
 多くの合格者が使用している本です。


大学編入試験問題 数学/徹底演習 (第2版) - 微分積分/線形代数/応用数学/確率大学編入試験問題 数学/徹底演習 (第2版) - 微分積分/線形代数/応用数学/確率
(2006/12/18)
林 義実、山田 敏清 他

商品詳細を見る

 ご存知の徹底演習です。問題量は非常に多いです。
 しかし、微分方程式は簡単過ぎます。阪大と同じレベル、或いはそれ以上を受けるなら明らかにこの本では足りません。他の本でも演習を積む必要があるでしょう。
 やや解答は雑なので、いきなり取り組むのはおすすめしません。
 ちなみの僕は、この本の線形代数の分野はやっていません。理由は後述。
 応用数学と確立の部分を除けば、2週間で終わると思います。


ベクトル・行列・行列式 徹底演習ベクトル・行列・行列式 徹底演習
(2002/06)
林 義実

商品詳細を見る

 個人的には線形代数に特化した素晴らしい参考書です。
 この本を終えれば大抵どの大学の線形代数にも対応出来るらしいです。この本で線形代数の勉強をする予定だったため、徹底演習の行列には手をつけませんでした。どちらもやるに越したことは無いのですが。
 僕は過去問の線形代数の問題の全てを解けた訳ではないのですが、これをやってから先生に聞きに行ったらすぐに理解できました。
 本気でやれば1週間で終わると思うので、是非やって下さい。


新装版 坂田アキラの 数列が面白いほどわかる本 (数学が面白いほどわかるシリーズ)新装版 坂田アキラの 数列が面白いほどわかる本 (数学が面白いほどわかるシリーズ)
(2009/04/08)
坂田 アキラ

商品詳細を見る

 内容はちょっと調子に載っててアレですが、非常に分かりやすい本です。
 工学部の数列対策に購入しました。ちなみに過去工学部に出題された数列の問題と全く同じ物が出ていました。
 僕はこれで帰納法を理解しました。
 頑張れば3日で終わります。


ハッとめざめる確率ハッとめざめる確率
(2001/07/10)
安田 亨

商品詳細を見る

 びっくりするほど眠たくなりました。
 多分僕が教科書レベルの確率すら解けない所為だと思います。
 Amazon的には良書らしいので、多分僕が悪いです。
 そういう方は、次の本が良いらしいです。


日本一わかりやすい 坂田アキラの 確率が面白いほどとける本 (坂田アキラの理系シリーズ)日本一わかりやすい 坂田アキラの 確率が面白いほどとける本 (坂田アキラの理系シリーズ)
(2011/09/14)
坂田 アキラ

商品詳細を見る

 同じく確率が苦手で、今年東大に受かった方が使ったらしいです。
 僕はこれからこれをやります……。その次に細野真宏の確率をやったらしいので僕もやります……。


編入数学過去問特訓―入試問題による徹底演習編入数学過去問特訓―入試問題による徹底演習
(2012/03)
桜井 基晴

商品詳細を見る

 数学の総まとめに持って来いの本です。
 とりあえずここまでやっておけば大丈夫でしょう。ただ、明らかに最初から取り組む本ではありません。
 数学の成績点が90点あってもです。日頃から数学の勉強をしていて、学校の数学の進度が遅すぎてつまらん、という頭が良すぎる人なら挑戦してみてもいいかもしれません。
 僕は時間が無かったので、固有値と微分方程式の所だけやりました。


 基本的に、数学に関しては以上です。どれだけ数学が得意でも、まず教科書くらいはやるべきだと思います。
 僕は固有値から独学だったので、以下の本も使用しました。

スバラシク実力がつくと評判の線形代数キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる! (大学数学「キャンパス・ゼミ」シリーズ)スバラシク実力がつくと評判の線形代数キャンパス・ゼミ―大学の数学がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる! (大学数学「キャンパス・ゼミ」シリーズ)
(2003/08)
馬場 敬之、高杉 豊 他

商品詳細を見る

 胡散臭い題名ですが、内容はかなり丁寧に書かれています。教科書を読んでも分からない所はこれでカバーしました。
 後半の難しいところ(ジョルダン細胞とか)は恐らく出ないと思います。
 基礎を完璧に固めたいならば、この本はおすすめです。ですが内容は簡単で、演習も少ないため、必ず他の本で演習は積んで下さい。


 以上が、僕が数学で使用した参考書です。
 間違えた問題はチェックして後でもう一度解きました。これだけやって今年の微積を1問も解けなかったというのは僕の頭がアレなんでしょう。はい。試験勉強を通して、いかに数学という物を理解しておらず、調子に乗っていたのか思い知りました。学校の成績なんて当てになりません。
 あと、確率が苦手だからと言って僕のように捨てるのはおすすめしません。試験終了後、少しでも勉強しておけば5割弱は解けたかなと思いました。僕の年は線形代数に次いで容易でした。小問1に関しては、恐らく非常に簡単だったのでしょう。



追記:非常に難しい本です。僕の高専では6年ほど前に京大に合格された方が使われていたようです。東大合格者も使っていたような気がします。僕はやってません。阪大の数学系学科は分かりませんが、化学系にとっては明らかに不要です。

明解演習 線形代数 (明解演習シリーズ 1)明解演習 線形代数 (明解演習シリーズ 1)
(1982/07)
小寺 平治

商品詳細を見る

明解演習微分積分 (明解演習シリーズ 2)明解演習微分積分 (明解演習シリーズ 2)
(1984/12)
小寺 平治

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 13:39:09|
  2. 大学編入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<使用した参考書:化学 | ホーム | 使用した参考書:英語>>

コメント

こんばんわ
おそらく同じ高専同じ科の4年のものです(笑)
習っていないところと使っている教科書が全く同じでした!
阪大目指しています
ブログ参考にさせていただきます\(^o^)/
  1. 2013/10/27(日) 22:35:03 |
  2. URL |
  3. Haya #-
  4. [ 編集 ]

>>Hayaさん
 おお、そうなんだ!
 阪大は決して手の届かない場所にあるわけじゃないからね! 頑張って! 僕みたいに確率捨てないでね!
  1. 2013/10/28(月) 23:16:20 |
  2. URL |
  3. moya #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moyashigen.blog.fc2.com/tb.php/7-27a03ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moya

Author:moya
有機化学系の研究者を目指している高専卒の阪大生です。
質問等あればお気軽にどうぞ!

某高専化学系学科卒
入学時の席次:14位
最低席次:25位(1年)
2年~4年席次:5位
最終:8位

大阪大学基礎工学部化学応用科学科
GPA:2.8

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (36)
大学編入 (8)
英語 (2)
雑記 (8)
勉強 (7)
大学生活 (6)

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。