高専化学系卒の阪大生

化学系編入。編入に関する情報や大学生活(勉強やサークル活動)について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大学での履修内容

 学部の履修内容について書こうと思ったのですが、合成化学コース編入生は
その時間割の都合上、免除になっている科目がとても多く、僕もその全てを
把握していません。そのため、院試の出題範囲を記して履修内容ということにします。
 基礎工ではどんな勉強をしているのだろう、と気になる方は、以下に示す
範囲を、教科書を片手に照らしあわせてみてはいいのではないかな、と思います。


有機化学 (ボルハルトショアーより)
全て(糖・タンパク質・アミノ酸のような生化学はあまり出ないが、反応は出ることがある)

無機化学(シュライバー・アトキンスより)
3,6,23,24章以外から出る(化合物の性質はあまり出ないが、ホウ素やリンなど、錯体・触媒化学で利用される元素は出題されることがある)
1,2章など量子力学の範囲は物理化学で履修する。

物理化学
(アトキンスより)
 6章(相図)、15-20,24,25章以外から出る。ただし、クラスメートはNMRと統計熱力学を履修していると言っていました。
 量子力学に関しては、過去に一度「時間に依存するシュレーディンガー方程式」が出題されて受験時は話題になったが、誰も解けなかった模様。摂動も恐らく出ません。
 電気化学の教科書は「電子移動の化学-電気化学入門」という本でした。誤植がひどかったです。


 一見多そうですが、編入試験に比べるとかなり楽でした。ある程度出る範囲が分かっていて、
同じ受験仲間が居たからでしょうか。また、高専と編入試験で2回勉強した範囲も多かった印象
でした。ですが、習っていない部分は当然一からスタートでした。
 無機化学と物理化学に関しては本当に勉強した印象です。特にこれらの科目は基礎的なので、
今まで「こういうものだ」と暗記していたものが勉強するにつれて解決されていきました。
 入学後も十分に勉強は出来るので、是非安心してください。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 03:27:28|
  2. 勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<学会 | ホーム | 留学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moyashigen.blog.fc2.com/tb.php/61-d290cc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moya

Author:moya
有機化学系の研究者を目指している高専卒の阪大生です。
質問等あればお気軽にどうぞ!

某高専化学系学科卒
入学時の席次:14位
最低席次:25位(1年)
2年~4年席次:5位
最終:8位

大阪大学基礎工学部化学応用科学科
GPA:2.8

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (36)
大学編入 (8)
英語 (2)
雑記 (8)
勉強 (7)
大学生活 (6)

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。