高専化学系卒の阪大生

化学系編入。編入に関する情報や大学生活(勉強やサークル活動)について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高専時代の友人と遊んできました

 2日しか家で寝ていないという素晴らしい親不孝者です。ありがとうございました。

 僕の帰省は終わりました。
 高専の友達と2日間遊んできました。
 1日は通学生の集まり、もう1日はよく遊んでいた友達とBBQでした。

 せっかくこういうブログですから、お酒飲んで騒いで……という話は抜きでいきます。

 皆、将来の事をよく考えてるんだなあ

 という一言に尽きました。
 僕は確かにこの前期、他の並の大学生には負けないような努力はしてきたつもりでした。ところがどうでしょうか。

 就職するにはどうすればよいか?
 求められているのは何か?
 自分が一体何をしたいのか?

 友人のうち1人と将来像についてとても深い話をしたのですが、彼の話を聞いて「そこまで考えているの?」と驚くばかりでした。詳細は勝手に話せないので語りませんが……。
 考えているだけでなく、持っている情報量も違いました。

 大学ですから、幅広い分野について勉強します。
 しかし実際の所、企業でそれら全てが必要とされる訳ではありません。企業には各々の強みがあり、それらに特化しています。就職する側の人間は、それに従う他無いわけです。
 だから今、大学で勉強する意味は無い。もっとほかにバイトサークル留学で人との交流を大事にして……

 というふざけた事を言うつもりは更々ありません。

 僕としては、「お前が学校で習った内容を活かせてない、活かせるほどの勉強をしてこなかっただけだろう」というのが持論です。
 当たり前です。中学校で家庭科の授業を受けた所でシェフになれる訳ではありません
 勉強の出来と仕事の出来に相関は無いと思っています。勉強が出来るならそこで頑張ればいいし、出来ないなら他で頑張ればいいだけの話です。
 勉強が全てという主張は的外れですし、勉強は無駄という主張も的外れです
 高専からの就職組も進学組も、各々の進路について自分が「向いているから」と思って進路を選んだ訳です。

 だから、いくら社会人やしっかりした考えの持っている友人が居たとしても、彼らのやり方に合わせる必要は無い訳ですし、同じ事が出来るとも思いません。

 ただ、危機感だけはしっかりと僕の中に残りました

 話を聞いていると、僕が大学で引っ掛かっていたもののような気がしてきました。
 簡単に言えば自覚です。
 勿論、僕が周りの大学生についてよく知らないだけというのもあるでしょう。彼らも、考えている人は考えているはずです。
 ただ、僕はどちらかと言えば考えていない側だったのでしょうし、そうでなくとも考えが甘かったのでしょう。

 この夏休みは、後悔のしない過ごし方をしたいと思います。




 あ、単純に友達と遊ぶのは楽しかったです! 最高に!
スポンサーサイト
  1. 2014/08/16(土) 16:59:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とてもつらい | ホーム | 台風>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moyashigen.blog.fc2.com/tb.php/41-8c6ee72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moya

Author:moya
有機化学系の研究者を目指している高専卒の阪大生です。
質問等あればお気軽にどうぞ!

某高専化学系学科卒
入学時の席次:14位
最低席次:25位(1年)
2年~4年席次:5位
最終:8位

大阪大学基礎工学部化学応用科学科
GPA:2.8

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (36)
大学編入 (8)
英語 (2)
雑記 (8)
勉強 (7)
大学生活 (6)

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。