高専化学系卒の阪大生

化学系編入。編入に関する情報や大学生活(勉強やサークル活動)について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いちょう祭

 今日はいちょう祭でした。
 大学の創立記念の祭りでもあり、新歓の意味もあります。

 ESSの出し物はハーブソーセージです。名前の割に結構体積があります。150円なので値段も良心的です。
 折角の大学生活だということで、呼び込みを手伝いました。

 呼び込みって大変ですよね。無視が当たり前です。
 祭りの雰囲気に当てられて、メインストリートを通る女性の方にひたすら声をかけていました。一度やって貰えると分かると思うのですが、こういう時は寧ろ「男に声は掛けづらい」です。

 そんなつまらない記事を続けるとでも思いましたか?

 


 外国人を勧誘しました。

 同じサークルの新入生の子(外国語学部)に外国人を見つけてもらい

僕「Excuse me?」
外「?」
僕「Do you want harb sausage?」
外「(友人と顔を見合わせる)」
僕「It's so delicious! And……cheap? Yeah, cheap」
外「ah……(腹を指す)」
僕「(必死に腹の前で手をグワングワンさせながら)Enough? Enough?」
外「いっぱいです」

 日本語かよ

 外国人の方に言いたいのですが、日本人が英語で話しかけてきた時は英語で対応して下さい
 なんというか絞り出した勇気を床にぶちまけられた感覚というか、恥ずかしいというか……。
 ちなみに僕の英語は、恐らく意味は通じているでしょうが、確実に適切ではありません。
 本来ならば「Would you like to eat harb sausage?」と言うべきだったと思います。あ、これも合っているか分かりません

 ちなみに外国語学部の子は、まだやっぱり恥ずかしさがあるみたいで、例のBSPに参加してから外国人と関わって行くみたいです。BSPいいですよBSP。先輩曰く「あれは外国人の合コンの場だ」らしいですが。「日本語を上達したい外国人も居る」らしいですけど。何にせよ、こちらの練習になるので何の問題もありません。

 後、感動したのは外国人男性の「I have eaten」を聞き取れた事です。あの雑踏の中、奇跡です。
 日常会話で現在完了は使われないって言った先生出て来いや。
 失礼。
 思わず大声で「Oh, thank you!!!」と言ってしまいました。ジェスチャー付きで。男性の彼女(日本人)は大爆笑していました。


 恐らく今までの自分であればそういう発想自体が生まれなかったかもしれませんね。
 BSPでメンタルがかなり鍛えられたようです。


 ……これって成長してるって言うんですかね?
 
スポンサーサイト
  1. 2014/05/02(金) 19:37:01|
  2. 大学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<進捗4 | ホーム | 本日の活動>>

コメント

もやしもやしもやし
  1. 2014/05/07(水) 21:10:11 |
  2. URL |
  3. キナリ #-
  4. [ 編集 ]

>キナリ
 Oh thank you!!! 
  1. 2014/05/07(水) 22:17:10 |
  2. URL |
  3. moya #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moyashigen.blog.fc2.com/tb.php/29-6f61d4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moya

Author:moya
有機化学系の研究者を目指している高専卒の阪大生です。
質問等あればお気軽にどうぞ!

某高専化学系学科卒
入学時の席次:14位
最低席次:25位(1年)
2年~4年席次:5位
最終:8位

大阪大学基礎工学部化学応用科学科
GPA:2.8

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (36)
大学編入 (8)
英語 (2)
雑記 (8)
勉強 (7)
大学生活 (6)

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。