高専化学系卒の阪大生

化学系編入。編入に関する情報や大学生活(勉強やサークル活動)について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

編入を考えるにあたって

 僕が受験を考えた大学は

 大阪大学基礎工学部
 大阪大学工学部
 神戸大学工学部
 筑波大学化学類
 東京農工大学工学部
 京都工芸繊維大学工学部
 専攻科

 です。最終的には阪大、京都工繊に絞りました。どうしても阪大に行きたかったためです。基礎工に合格したため、受験はそこで終えました。
 
 以下に受験までの流れを記しました。
 本記事はどこの大学を受ける人にも通用すると思いますが、間違っていても僕は責任を持てないので、ちゃんと自分で調べて下さいね。


①受験校を決める
 僕は自分の実力ありきではなく先に大学を決め、それを目標に実力を上げるという考え方で受験校を決めました。受験理由は色々とあったのですが、「この研究室で研究がしたい」という目標が一番の支えになったように思います。

②受験校の試験日程を調べる
 何よりもまず試験日程を確認して下さい

 色々な大学を考えていたものの、自分の頭と相談した結果、受験を阪大と専攻科に絞りました。
 ところが5年になり、専攻科の試験が1,2ヶ月ほど前に迫った頃、専攻科の確約書提出が阪大工学部の受験より前だという事に気が付きました。まだ願書が締め切られていない大学は、神戸大学と京都工芸繊維大学のみでした。試験時期的に第一志望の人は勿論のこと、阪大や京大を受験した人も受験する可能性がある大学です。また、神戸大学と京都工芸繊維大学の試験日程はほぼ毎年被っていますので注意して下さい

 僕はエクセルでカレンダーを作り、受験日がひと目で分かるようにしておきました。とはいえ上記の通り、直前になって受験校を変更したのであまり意味はありませんでしたが。ただ1つ重要なのは、受験直前になって他大学を一から調べる時間は、時間的にも精神的にもほぼ無いという事です。このため、受けるつもりが無くとも、とりあえず日程くらいは調べておいた方が良いのではないかと思います。日程は大学HPの、前年度募集要項を見れば大体の見当は付きます。


③各大学の傾向と試験範囲
 時間は有限ですから、必須です。とはいえ基本的に旧帝大を目指してちゃんと勉強しておけば(それに近いレベルに達すれば)、後はどこの大学でも通用します。実際、阪大受験前に神戸大学の過去問を解きましたが、勉強していない分野を除いて解くことが出来ました。僕は第1志望を決めた後、範囲が被っている大学を第2志望にしました。仮に落ちた場合に院試を受けに行きやすい大学を選んだりと、他の要素もありますが。


④試験勉強はいつやればいいの?

 今でしょ!!!

 冗談はさておき、早い方が良いに決まってますね。インターンシップで大変でしょうが、出来れば4年夏休みから始めたいところです。3年春から初められればベストだと思います。僕は3年の春に学校でやった範囲の数学(微分積分Ⅱを除く)を1周だけしていました。
 ただ、人によってはエネルギー切れになるでしょうし、実際僕も2,3回ほど鬱になってるので(何かもう最後の方は慣れましたが)、余り早すぎるのも良くないと聞いたことはあります。それでも気合でやった方が良いと思いますけどね。実際忍耐力付きます。その事実は、今でも僕の自信に繋がってます。


⑤1日どれくらい勉強すればいいの?
 分かりません。人それぞれです。ですが、4年の春休みまでに数学の教科書と徹底研究、徹底演習、英単語(DUOや速読英単語必修レベル)をやっておくとかなり楽になると思います(阪大なら)。
 僕は高専の数学問題集で非常に手間取り、後半死にそうになってました。
 ちなみに僕は4年の10月になると、ずっと勉強机の前に座ってた気がします。いや実際やったかどうかはさておき。


総括
 まず受験大学を決めること!
 試験日程の確認を忘れると死にます。
 範囲の確認を。ですが「過去問対策」にはならないように!
 試験勉強はお早めに。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/27(土) 21:34:35|
  2. 大学編入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

このブログについて

 第一志望に合格したら、編入希望の高専生向けに、大学編入に関する情報を提供するブログを始めようと思っていたのでやってみました!

 編入までにやっておいたこと、使用した参考書、来年からは大学でやっていること、後は適宜あったほうがいいかな? という情報を提供していくつもりです。だらだらと日常について書くつもりはない(Twitterがあるし)ので、勉強、サークル(入る余裕があれば)など学校関連の記事しか無くなると思います。

 ていうか何故か化学系の編入に関する情報は全くありません! 意味がわかりません! 情報とか機械なら多いのに……。

 もう夏休みで、旧帝大が第一志望の方はちらほら受験勉強を始めている人も居るでしょうし、次の記事からさっさと使用参考書を書いていきますね。
  1. 2013/07/27(土) 18:35:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moya

Author:moya
有機化学系の研究者を目指している高専卒の阪大生です。
質問等あればお気軽にどうぞ!

某高専化学系学科卒
入学時の席次:14位
最低席次:25位(1年)
2年~4年席次:5位
最終:8位

大阪大学基礎工学部化学応用科学科
GPA:2.8

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (36)
大学編入 (8)
英語 (2)
雑記 (8)
勉強 (7)
大学生活 (6)

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。