高専化学系卒の阪大生

化学系編入。編入に関する情報や大学生活(勉強やサークル活動)について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お久しぶりです

 お久しぶりです。
 後期は22コマになりました。内部生は16-17が平均らしいです。やはり編入生は多めに授業を受ける必要があるようで……。
 そういえば時間割の方はまだ一度も記事にしていませんね。今度またやります。

 ESSでは結局、ディベートをやめてスピーチをすることにしました。
 スピーチでは発音も採点基準に入ってくるので、それに合わせて練習しています。単純に英語力を向上させたいというのが大きな理由ですがね。

 どういう練習をしているかと言うと、以下の本を使用しています。

ファンダメンタル音声学ファンダメンタル音声学
(2007/06)
今井 邦彦

商品詳細を見る

 外国語学部の英語専攻の先輩に教えて頂きました。
 ただし注意して欲しいのが、この本はイギリス英語向けの本であるという事です。

 なぜイギリス英語の勉強をしているのか

というと

 発音がカタカナに似ている

 という理由からです。
 まあこれは言いすぎですがね。比較的にアメリカ英語よりは、という事です。
 僕は今まで発音向上のためにシャドーイングをしていたのですが、余り効果がないようで……。
 寧ろ、発音に対して日本語的解釈をしてしまうため悪影響を及ぼすとのこと。


 どんな風に?
 知りません。


 とにかく、この本は専門書の入門編らしく(大学生協に売っていたので、教科書かそれに準ずる参考書?)、かなり理論立てて発音の解説が成されています。個人的には有機化学でいうマクマリー概説かな、とか思っていますが分かりません。
 ぶっちゃけ重いです。
 ですが、練習してみて「あっ、今までとは違う」と思ったので、どうにか頑張って終えるつもりです。少なくともただ漠然とリスニングするよりは良いと思います。
 当然CDもついていますよ。
 先輩にも「発音系ならCDは絶対あった方がいい」と言われましたので、この本を買うつもりが無くても、何か他の参考書を手に取る際はCDが付属されているか注意してみてはどうでしょうか。
 
スポンサーサイト
  1. 2014/10/09(木) 19:34:15|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語の勉強法

 現在、僕がどのようにして英語を勉強しているか書こうと思います。

●海外ニュースサイトの閲覧

CNN Student News
 わりと聞き取りやすめのニュースで、transcript(台本的な)が見られます。英語ですが。ていうか英語でないと意味がありませんが。1回10分です。
 聞きながら文章を目で追っています。分からなかった単語は書ける限りメモして意味を調べるようにしています。


TED
 イカれたクマの映画ではありません。世界が抱える問題について、様々なスピーカーがプレゼンを行います。やや聞き取りにくめですが、こっちの方が実際的なのかな……とも思います。transcriptもあります。ものにもよりますが、6分~20分等、人によって長さは違います。
 CNNと同様の方法で勉強しています。

 アパートにテレビを置いていないので(まったりテレビを見ている時間は無い)、主な情報源はこれらになっています。時事ネタがグローバル化してゆく……。


●スピーキングの練習

・TOEFL speakingの対策みたいなもの
 15secで準備、45secで英語スピーチ
 1minで準備、1.5minで英語スピーチ
 1minで準備、1.5minで日本語スピーチ
 1minで準備、1.5minで英語スピーチ
 15secで準備、45secで英語スピーチ
のセットを1回。お題はTOEFLのスピーキング対策サイト? みたいなところで拾っています。

Q.What is your favorite place to visit on weekends? Describe it and explain why it is your favorite place to go.
A.The place is the library of my university.There are many books what I need. Because I have to read chemistry text to submit reports, I often go to there. And there are many people even in holiday....みたいな感じで。
 文を書く時間は無いので、library, book, report, people, holidayのように単語だけ書き出して、後は頑張ってぶっつけ本番でスピーキングします。最初は全く文が続かないと思います。僕は今でも続きません。


・日記紹介
 以前紹介したアレです。時間は無制限にしない方がいいでしょう。先輩にも言われましたが、3分間で書いて、1分間で英語で紹介するという形が良さそうです。3分あれば30wordくらいは書けます。ちなみに、紹介は3分間で書いた日記を見てはいけません。
 4回情報系、3回化学系(僕)、1回外語英語専攻で集まってやりましたが、全員50wordを超えたくらいでした。多いかどうかは知りませんし、僕は強調構文を使って文字数を増やしました(笑)


・多読
 誰しもが「難しい文章を少量読めば良い」と思っているでしょうし、僕もその1人です。
 ですが、実際はかなり平易な文章(中学生レベル)を大量に読んだほうが効果的らしいですね。そしてそれ目的の本があり、
Sherlock Holmes Short Stories: 700 Headwords (Oxford Bookworms ELT)Sherlock Holmes Short Stories: 700 Headwords (Oxford Bookworms ELT)
(2007/11/15)
Sir Arthur Conan Doyle

商品詳細を見る

 僕はこれを読む予定です。1分間で100wordだったはずです。途中分からなくなっても、無視して読んだほうが良いらしいです。多読用アイテムとしてはコスパが悪いので、図書館で借りたほうが良いと思います。


 編入試験も近いので、こんなことをしている余裕がある人は居ないでしょうが、とにかく実際的な英語を鍛えてみたいという方は実践してみてはいかがでしょうか。
 僕はtranscriptを読みながらCNNやTEDを聞いて、TOEFLスピーキング対策をほぼ毎日しています。日記紹介を習慣づけて、多読もすれば恐らく1時間程度で終わると思います。

 ちなみに、先輩が参考にしている本はこちらです。

英語学習論: ―スピーキングと総合力―英語学習論: ―スピーキングと総合力―
(2012/09/25)
青谷 正妥

商品詳細を見る
  1. 2014/05/26(月) 23:43:08|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

moya

Author:moya
有機化学系の研究者を目指している高専卒の阪大生です。
質問等あればお気軽にどうぞ!

某高専化学系学科卒
入学時の席次:14位
最低席次:25位(1年)
2年~4年席次:5位
最終:8位

大阪大学基礎工学部化学応用科学科
GPA:2.8

最新記事

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (36)
大学編入 (8)
英語 (2)
雑記 (8)
勉強 (7)
大学生活 (6)

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。